BUSINESS 事業案内

  1. トップ
  2. 事業内容
  3. ベースパック柱脚工法

ベースパック柱脚工法

主要部材であるアンカーボルトをテンプレート、アンカーフレーム等で所定の位置に設置し、配筋・型枠・コンクリート打設を経て、鉄骨建方の後、ベースプレート下面にベースパックグラウト(高強度無収縮モルタル)を注入座金を介して注入することにより、ベースプレートと基礎コンクリートとを密着・固定させる工法です。


  • ベースパック柱脚工法は、非常に高い固定度を有する露出形式の柱脚工法です。
    ベースパック柱脚工法は、非常に高い固定度を有する露出形式の柱脚工法です。